10月9日(金)のプログラム詳細

多文化共生シンポジウム

場所・時間
場所
ホールD7
時間
13:00~(開場 12:00)
  • ※事前申し込みは不要です。当日受付をお願いいたします。
  • ※受付はホールD7の一つ下の階(6階)にございます。D棟エレベータで6階にお越しください。
  • ※入退場自由。
概要
東京を、外国人に対する差別や偏見のない「人権尊重都市・多文化共生都市」とするためには、いかなる施策が有効であるか、各界有識者の方々等による講演、パネルディスカッションを行います。
内容
  1. 13:00~ 舛添都知事のオープニングメッセージ
  2. 13:15~ 特別講演
    • ・駐日英国公使 ジュリア・ロングボトム氏
  3. 13:35~ 基調講演
    • ・明治大学教授 山脇 啓造氏
      「多文化共生社会に向けて」
  4. 13:55~ 行政説明
    • ・東京都総務局及び生活文化局
  5. 14:30~ 企業講演
    • ・(株)栄鋳造所 代表取締役 鈴木 隆史氏
      「ダイバーシティ経営を軸とした難民・外国人の戦略・戦力的雇用が拓く中小企業の海外展開」
  6. 15:20~ 外国出身者講演 
    • ・羽衣国際大学教授 にしゃんた氏
      「違いを楽しみ、力にかえる~多文化共生“新”時代~」
  7. 16:25~ パネルディスカッション「多文化共生都市・東京の実現に向けた課題」
    <パネリスト>
    • ・山脇 啓造氏
    • ・にしゃんた氏
    • ・ヨーコ・ゼッターランド氏
    • ・菅野 幸子氏
    <コーディネーター>
    • ・久保 純子氏
出演者について
にしゃんた氏
にしゃんた氏
羽衣国際大学教授
1969年7月18日、スリランカのキャンディー市(世界遺産)生まれ。
高校生だった87年にボーイスカウトで初来日。その翌年に留学のため再来日をし、立命館大学に入学。新聞奨学生をしながら大学在学中に全日本空手道連盟公認四段・全国空手道連盟公認指導員を取得したほか、多数の弁論大会に出場し優勝する。大学卒業後、大学院に進み、経済学の博士号を取得。 現在は京都に在住し、羽衣国際大学で教鞭をとる傍ら、テレビ・ラジオ出演、講演会や執筆活動などを行っている。
2005年日本国籍取得。08年日本女性と結婚、一男一女の父。
近著は『ブッダと歩く神秘の国 スリランカ』
(株式会社キノブックス 2015年9月25日刊行)
ヨーコ・ゼッターランド氏
ヨーコ・ゼッターランド氏
1991年早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。2011年鹿屋体育大学大学院修了(修士課程)。アメリカ女子バレーボールチームのメンバーとして'92バルセロナ五輪(銅)、'96アトランタ五輪(7位)。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。嘉悦大学准教授、女子バレーボール部監督。
菅野幸子氏
菅野幸子氏
国際交流基金コミュニケーションセンター プログラム・コーディネーター。グラスゴー大学美術史学部装飾美術史コースディプロマ課程及び東京大学大学院人文社会系文化資源学研究修士課程修了。ブリティッシュ・カウンシルを経て現職。専門は、国際文化交流、英国の文化政策。文化・芸術による地域づくり、多様な文化の共生、市民連携・国際相互理解の推進の各分野において先駆的な国際文化交流を行っている国内の団体を顕彰する「国際交流基金地球市民賞」を担当。東京芸術文化評議会専門委員(文化プログラム検討部会及び文化都市政策検討部会)も務める。
久保 純子氏
久保 純子氏
フリーアナウンサー

相田一人氏講演会(相田みつを美術館館長)
「いのちのバトン ~父 相田みつをの書と言葉~」

場所・時間
場所
ホールD5
時間
15:00~16:00(開場 14:30)
概要
書家・詩人相田みつを氏の長男である一人氏による、作品を通して伝えられる“いのちの大切さ”等をテーマにした講演
出演者について
相田 一人氏
相田 一人氏
相田みつを美術館館長。昭和30年栃木県足利市生まれ。書家・詩人 相田みつをの長男。出版社勤務を経て、平成8年、東京銀座に相田みつを美術館を開館。「じぶんの花を」「本気」「ある日自分へ」(文化出版局)、「いまから ここから」(ダイヤモンド社)などの編集、監修に携わる。著書に「父 相田みつを」(角川文庫)「書 相田みつを」「相田みつを 肩書きのない人生」(文化出版局)がある。平成15年11月、東京国際フォーラムに新美術館をオープン。現在、美術館業務の傍ら、全国各地での講演活動や執筆活動を行っている。

岩手県陸前高田市の語り部による講演会【岩手復興支援企画】(三陸観光プラットフォーム構築事業)
「語り継ぐ あの日・あの時、そして今から明日へ」

場所・時間
場所
ホールD5
時間
17:00~18:00(開場 16:30)
出演者について
實吉 義正氏
實吉 義正氏
陸前高田市観光物産協会副会長兼観光ガイド
昭和63年陸前高田市の第三セクター「陸前高田地域振興株式会社」設立に参画。商品開発部長、観光事業部長を経て常務取締役就任。地産産品の販路拡大、観光振興に取り組む。道の駅「高田松原」駅長、「全国太鼓フェスティバル」や「サイクルロードレース」などの企画運営部長として地域活性化に尽力。
3.11の東日本大震災後「震災語り部」として、あの日、今、そして未来を語り継ぐ活動を行いながら、全国各地での講演、パネラー・コーディネーターとして精力的に活動している。

同和問題
「部落問題の〈今〉-近現代の歴史をたどりながら-」

場所・時間
場所
ガラス棟会議室(G402)
時間
9:30~12:00(開場 9:00)
出演者について
黒川 みどり氏
黒川 みどり氏
静岡大学教授

「企業と人権セミナー」(東京人権啓発企業連絡会)
「元気発信!イキイキ職場から“ダイバーシティ社会”へ ~働きやすい職場をつくる人権啓発~」

場所・時間
場所
ガラス棟会議室(G402)
時間
14:00~19:15(開場 13:00)
概要
「元気発信!イキイキ職場から“ダイバーシティ社会”へ」をテーマに、働きやすい職場を作るための、企業における取組等を紹介
テーマ
  1. 14:00~15:30 「企業にとって人権って何だろう?~一緒に考えてみませんか~」
  2. 16:00~17:30 「ハラスメントを正しく理解し行動する ~明るく働きやすい職場作りのために私たちができること~」
  3. 18:00~19:15 「国籍・文化の違いを超えて ~グローバル社会における多文化共生~」

多文化共生実例セミナー(大田区・新宿区)

場所・時間
場所
ガラス棟会議室(G405)
時間
14:00~16:30
概要

開催日ごとのプログラムを見る

  • 10/9 Fri. 10:00-21:00
  • 10/10 Sat. 09:00-19:00
  • 10/11 Sun. 09:00-17:00
  • 複数日開催